読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮崎市 雑貨屋 Coletteコレット

宮崎市ジャステック一階にて、北欧食器(アラビア)・ベビー用品・個性的な作家さん達のハンドメイドなどを扱う雑貨屋です! 新商品のご紹介やイベントのご案内、日々の他愛ない出来事&時々スタッフのつぶやきetc・・・       隙間時間に遊びに来ていただけたら嬉しいです!!

ある女の一日

(チャララ~ララ チャラララララ~~  チャララ~ララ チャラララララ~)

 (チャララ~ララ チャラララララ~~  チャララ~ララ チャラララララ~)

 

・・・・んん・・もう朝なの?

 

頑張って目覚ましを止めた。 
あとちょっとだけ・・と目を閉じたが、窓をたたく雨音が「早く起きなさい」と言っているように聞こえ、女は仕方なく枕上のメガネを手探りで取ると、けだるそうに起き上がった。

「はぁ~っ・・・雨か・・・・少し寒いな」

 

寝室からキッチンへ直行し、冷蔵庫の扉を開く。
牛乳パックを取り出し、ミルクパンへゆっくり注いだ。
カチャッ・・・牛乳をを火にかけボォーっと見つめていると、鍋のふちからフツフツと小さな泡を立て湧きはじめる。

f:id:ColetteMiyazakicity:20160510150050j:plain

イエローにするかオリーブにするか迷って、イエローのマグカップに少し温まったくらいのミルクを注ぎ、ゆっくりと一口飲んだ。。。「落ち着く・・・」

 

さあ、今日も一日が始まる。
少し憂鬱な雨も長靴があるから気にしない!

温かいミルクを飲み終えた女はもう仕事モードに入っていた。

身支度を終え、長靴をはく。
車に乗り込み職場へ着くころには東の空がやや明るく、雨があがっていた。

(晴れるの? えっ? 聞いてないわよ?! 替えの靴、持ってきてないし

女は今日一日は雨であればいいのに・・・と思った。

 

女の職場はちいさな雑貨屋で、毎日好きな音楽を選んでBGMを流す。

「今日は何にしようかな」 

再生ボタンを押した。

(※△×☆※△■×☆・・・・・・・・・プップピドゥ~♪)


女はジャズが好きだ。 

 

午後一時。スタッフの女の子が「おはようございます」と出勤してきた。
「おはよう! ちょっと聞いて!! こないださぁー、、、、、」
女のどうでもいいおしゃべりに、毎回付き合ってくれる優しい女の子には脱帽する。。。

気の済むまで喋った女は、「じゃあ、お昼休憩行ってきまーす!」と財布を小脇に店を出た。結構な雨量だ。(うん、結構結構!)

「お腹はあんまり空いてないけどな。。。おいしいコーヒー飲みたいな」

f:id:ColetteMiyazakicity:20160510152340j:plain

女はコーヒーに浮かぶクレマが好きである。

 

 

雨だというのに大学生の男の子が2人、玄関先で入るのをためらう様子を見せながら『蝶ネクタイがあると聞いて来ました』とご来店。
雨だというのに常連の色白で華奢なカワイイ女性が、『友達にプレゼントしたくて』とご来店。

今日も素敵な時間を過ごせた。
「お疲れ様!また明日もよろしくお願いしまーす!」

傘は差さず、水たまりを気にせず、足早に車に乗り込むと朝来た道を戻って女は家路に着いた。

「やっぱり今日は寒かったなぁ。寒い寒い。。。」女は独り言を言いながら濡れた長靴を玄関の隅へ立て、洗面所にかけてあるタオルで髪を拭いた。

 

(お腹すいた・・・)
昼間が軽い(女の割には)昼食だったせいか、こってりしたものが食べたかった。
ミートソースを冷凍していたことを思い出した。
(よし、パスタだ!チーズをたっぷりかけよう!何かスープも飲みたいあ)
冷蔵庫の野菜室にもう危なそうなかぼちゃを発見した。
(これだ!)
かぼちゃを適当に切りラップに包むと、電子レンジに入れダイヤルを回した。  数分後、「チーン」

「あちっ!」 湯気の立つかぼちゃをミキサーに落とし、水と少しのクリームを加え最後に少しの砂糖と塩コショウで味を調えた。味見をした女は小さくうなずくと、また朝のミルクパンで1人分のスープをコンロにかけた。

f:id:ColetteMiyazakicity:20160510154547j:plain

深いブラウンで手描きされた蓮の花のスープ皿は女の一番のお気に入りだ。
鮮やかなパンプキンスープが更においしそうに見える。(サラだけに)

 

安らげる家とやりがいのある仕事。優しい人間関係。
「幸」は人それぞれの価値観で違うのかもしれないが、女は一日を振り返り、今日も幸せだったと感謝をするのだった。
幸せが人から人へ伸びていきますように☆

 

「明日は晴れるかな・・・」

女はメガネを定位置に置き、テレビのタイマーを2時間にセットすると、部屋の明かりを消しベッドに横になった。。。。

 

ある雨女の一日。